shohin_menu_title_del
お気軽にお問い合わせください
うちわデザイン
作成事例のご紹介
うちわ印刷が初めてのお客様へ
よくある質問
うちわ商品ラインナップ
やっぱり人気定番うちわ
形で目立つ個性派うちわ
品揃え豊富!特殊骨うちわ
手軽に販促既成絵柄うちわ
データ制作上の留意点
手作りうちわキット
お客様の声
ご利用ガイド
paidについて
うちわコラム

営業日カレンダー
弊社運営サイト 手作りうちわキット のぼりキング 横断幕・懸垂幕キング Tシャツキング のれんキング 運動会キング 名入れカレンダーキング マグネットシートキング 展示会キング 販促キング 冊子製本キング


うちわが目立つ色って?

手作りうちわの作り方とその役割

アイドルのライブや、その様子を映したテレビ、SNSなどで、手作りのうちわを見かけたことはありませんか?アイドルの名前を貼って飾り付けたうちわを持ってライブで応援するのですが、うちわの出来栄えによってはメンバーに気付いてもらったりファンサービスをもらえる可能性があります。そんな重要な役割を果たす手作りうちわの作り方とその役割をご紹介します。

うちわの作り方

ただでさえ楽しみなライブですが、うちわを作ることでライブへの高揚感がより高まります。
カッターやはさみ、両面テープなどを用意し、うちわを飾り付けていくという単純な作り方ですが、飾り付け次第で個性を出せます。色やデザイン、何を飾り付けるかによって仕上がりが変わってきます。完成図を想像しながら、色や材料を選んでいきます。好きなアイドルのことを考えながら作った、世界に一つだけのうちわで想いを伝えてみてくださいね。

・手順

1. 型紙を作る

うちわに貼る文字を決めます。好きなグループやメンバーの名前、メッセージやファンサービスのお願いである場合が多いです。フォントや大きさを決めて印刷したものを型紙として使います。

2. 型紙に沿って文字を切り抜く

印刷した型紙を色画用紙などに貼って切り抜きます。文字を縁取りしたい場合は、大きさを変えた 違う色の紙を二枚切っておきます。

3. 文字をうちわに貼り付ける

文字をうちわに貼り付けます。縁取りと文字のバランスも重要なので、考えながら貼り付けてみましょう。

4. 飾り付け

個性の出しどころはこの飾り付けです。土台となるうちわの色も印象を左右するので、目立つ配色を選びます。好きなアイドルへの想いを伝えたり、ファンサービスをしてもらえるように、飾り付けをしてみてください。

うちわの作り方に関して書かれている記事があります。詳しくはこちらを参照してください。

手作りうちわの役割

手作りうちわはアイドルを応援するためのものではありますが、好きなメンバーに気持ちを伝えたりファンサービスをもらいたいという想いの象徴でもあります。一人ひとり手作りで個性を出し、アイドルに気付いてもらえた上にファンサービスをもらえたら嬉しいですよね。このように手作りうちわは気付いてもらえるものを作ることがポイントになってくるのですが、そのためには目立つ色のうちわを作ることが 重要です。

うちわを目立たせる方法

手作りのうちわは、好きな色やデザインで作ることができるのが魅力です。
しかしそれゆえにセンスが問われますよね。文字やイラストを大きく入れたからといって必ずしも目立つわけではなく、色合いがうまくいかなければパッとしない完成度になってしまうこともあります。作ったあとで後悔しては時間と労力がもったいないので、作り始める前にコツを学びましょう。

文字自体を「白」にするか、縁取りを「白」にするか

うちわの文字を目立たせたいときは、文字を白抜きにしましょう。 白は明度が高い色なので目につきやすく、印象に残ります。ただし文字を白抜きにする場合、背景の色は濃い色にしなくては意味がありません。紺色や濃い赤色、黒のような色だと白の文字が際立って見えます。
文字自体に色を使いたいときは、縁取りを「白」にしてみましょう。このとき文字の色は白が際立つような濃い色を選ぶことをおすすめします。

白色の使い方
色の組み合わせは同系色で

色の組み合わせに自信が持てないときは、同系色でまとめてみましょう。
手作りうちわでは、土台の色や文字の色、縁取りの色など何種類かの色を使うことになります。 全然違う系統の色を使うよりも、同系色でまとめたほうが簡単にセンスのあるうちわを作ることができます。
例えば、オレンジ色×黄色、青色×水色、赤色×ピンク、緑色×黄緑色、のような組み合わせです。 同じ色を使いたい場合は、濃淡の違うもの同士を使ってくっきり見える組み合わせにしてみましょう。 文字と背景の組み合わせを考える場合、文字の色を濃く、背景を薄い色にすると文字が目立ちやすくなります。
どんな組み合わせであっても、文字は縁取りすることをおすすめします。

同系色
文字と縁取りは正反対の色を

うちわの土台で定番なのは黒ですよね。
土台が黒だと明るい色がとても目立ち、蛍光色だと抜群の効果があります。文字は縁取りすることをおすすめしますが、このとき文字と縁取りの色の組み合わせも重要になってきます。文字を水色で縁取りを青というような同系色にしてしまうと、文字がぼんやりとした印象になってしまいます。
これを避けるためには例えば、白×ピンク、白×緑、白×赤、黄色×赤、黄色×紫、などの組み合わせを選ぶとよいでしょう。文字の色と縁取りの色が補色の関係に近いほどよいといえます。黒の土台のうちわの場合、白や黄色など明度の高い色を選ぶとより目立ちやすくなります。

正反対の色
目立つフォントはゴシック体

フォントにはさまざまな種類があり、人それぞれ好みがあると思います。
ゴシック体は遠くからでもパッと見て印象に残りやすいフォントなので、目立つうちわを作りたいときは文字をゴシック体にしてみてください。
和風テイストにしたいときは行書体や勘亭流、かわいくしたいときはポップ体やまるもじ体にするなど、好みに合わせてフォントを選ぶのもよいでしょう。

フォント

色の組み合わせに関する知識

色の感覚を持っている人やセンスがある人は、色をなんとなく選んでも統一感がありつつ目立つうちわが 作れるかもしれません。しかしうちわを作るのが初めてだという人や、今までうまくできたことがない という人は、知識をつけてから作り始めるだけでもぐんとレベルアップできます。

色の属性

一言で色といっても、色相や明度、彩度などで細かく分けられています。色相とは、赤や青、緑といった色味や色合いの違いのことをいいます。明度とは、色の明るさのことをいいます。明度が高いほど明るく白に近づき、明度が低いほど暗く黒に近づきます。明度の差が大きくなるほどはっきりした見え方になります。彩度とは色の鮮やかさの度合いをいいます。彩度が高い色は鮮やかでビビッドな印象、彩度が低い色は落ち着いた印象、彩度を最大限に低くすると無彩色になります。

色の属性
色相環

虹色のように似た色をつなげ、環状に並べたものを色相環といいます。
色相環で隣り合った色同士が 似た色で、向かい合った色同士が最も遠い色になります。赤色の隣はオレンジ色と赤紫色、黄緑色の隣は黄色と緑色。どれも似た系統の色です。
逆に、赤に向かい合った色は緑色、青に向かい合った色は黄色。このように一つの色を際立たせる色のことを補色といいます。補色を効果的に使うことで、目立つうちわが作りやすくなります。しかし補色は一つの色を目立たせるためにも使えますが、お互いの特徴を消し合う存在でもあるといえます。
補色の色を重ねることでぼやけて見えることにもつながるので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?手作りうちわの作り方とその役割、また目立つ色のうちわを作るためにはどのように作ったらよいのかをご紹介してきました。誰でも作ることができるうちわだからこそ、文字やデザイン、飾り付けで個性を出すことができます。好きなアイドルへの気持ちを伝えたりファンサービスをもらうためには目立つ配色でうちわを作る必要があることがわかりました。
色の知識を踏まえた上で、 目立つ配色かつセンスのあるうちわを作ってみてくださいね。




[会社概要][特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー]